健康・美容

美容・健康に関しての情報を中心にお届けさせて頂きます!読書が好きなので、今まで読んだ本をたまに紹介していきます📚

コーヒーはブラックがベスト☕

今回は前回の続きで体に良い食べ物10のうち、6~10を紹介していきます!1~5を見たい方は前回のブログを見返してみてください。それではさっそく見ていきましょう✨

 

~体にいい食べものリスト~

⑥チーズ

・乳製品は『体にいいのか悪いのか』という議論を繰り返している。日本人は、牛乳を飲むと下痢をしてしまう乳糖不耐症が多く、また大腸がんの原因になっているという説もあり、牛乳の扱いは難しい。

・チーズに関しては、『健康のために積極に食べるべき食品』と判断できる。

血糖値を上げることなく良質のタンパク質がとれる

ナチュラルチーズが良い(塩分が強くないもの)。

・牛乳よりも山羊の乳の方が体に良いと言われている。

・ワインと合わせると相性抜群。

🌟牛乳はおススメできないが、チーズは例外

 

⑦ブルーベリー

・ベリー種のなかでも”ブルーベリー”は優れている。

ポリフェノールの一種であるアントシアニンが豊富に含まれ、老化を促進するAGEという物質を減らしてくれる効果がある。視力回復効果があることでも有名。

ビタミン類も豊富

・さほど糖質も多くない。

サプリメントでもOKだが、生のブルーベリーをそのまま食べることも良い。咀嚼(噛んで食べることが重要)ができるから。

🌟ポリフェノールが豊富で老化防止にも効果あり

 

⑧コーヒー

・メカニズムは解明されていないが、『European Journal of Clinical Nutrition』などの統計調査から、コーヒーには糖尿病発症を抑える効果があることがわかっている。

日本人の動脈硬化を抑えるアンチエージング効果も報告されている。

『挽き立ての本格コーヒーをブラックで飲む』ことが重要。

・缶コーヒーはNG。

コーヒー飲料と本格コーヒーは全くの別物。

🌟挽き立てのブラックなら十分な健康食品

 

⑨酢

血糖値を下げる効果がある。

・食品中のAGEを下げてくれる。

・血圧も下がることもわかっている。

・酢に含まれるクエン酸アミノ酸疲労回復には欠かせない物質

・夏バテにもよい。

・米酢、玄米酢、黒酢、ワインビネガーなどいろいろな種類があるが、大事なのは醸造酢を選ぶこと。合成酢は避ける。

・ポン酢類は、醤油などの塩分が加えられているのでまったく別物を考える。

🌟血糖値を下げ、疲労回復にも役立つ万能食材

 

⑩生もの

食品は調理の仕方で栄養や毒性が変わる。(例:野菜に熱を加えることでビタミンが減少してしまう。食品を加熱するとAGEが増え、毒性が高まってしまう。)

・魚、野菜など、寄生虫の心配がない食べ物は”熱を加えず、できるだけ生で食べる”のがベスト。

加熱する場合→高温にならない調理法を選ぶ。(例:揚げるより、ゆでるなど)

🌟食材は熱を加えることで悪性に変質する

 

 今日はここまでになります。今回紹介させていただいた食品もすぐに手に入れることができるのでぜひ試してみてください!

 そしてコロナウイルスが猛威をふるい続けているいるので、次回は”本来の免疫機能を回復させる!”をテーマに少しずつお話ししていきます!本日もブログを見ていただきありがとうございます!

⇩参考図書⇩

医者が教える食事術 最強の教科書 20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68 [ 牧田 善二 ]

価格:1,650円
(2020/2/23 18:33時点)
感想(98件)