健康・美容

美容・健康に関しての情報を中心にお届けさせて頂きます!読書が好きなので、今まで読んだ本をたまに紹介していきます📚

人工甘味料は砂糖以上に危ない!?

今回は前回の続き、病気にならない食事術をお話ししていきます。それでは見ていきましょう✨

 

人工甘味料は砂糖以上に危ない!?~

・2015年の『ネイチャー』誌に、ある実験結果が発表された。アスパルテーム』『スクラロール』『サッカリンの3種類の人工甘味料をとかした水をマウスに与えたところ、普通の砂糖を溶かした水を与えたマウスよりも血糖値があがった。続いて、人工甘味料を与えたマウスと普通の砂糖を与えたマウスの、それぞれから腸内細菌をとり、腸内を無菌状態にしたマウスに移植すると、人工甘味料を与えられていたマウスから腸内細菌を移植されたほうが、血糖値が高くなった

・人間でも、人工甘味料を使っていると腸内細菌に変化が生まれることもわかった。

・健康な人が人工甘味料をとり続けていると腸内細菌のバランスが崩れ、『耐糖能(インスリンブドウ糖を処理する能力)』が低下して糖尿病になるという論文も発表されている。

腸粘膜のひだに小さな穴が空く『リッキーガットシンドロームは深刻。

・リッキーガットシンドローム→通常私たちが食べたものは、胃で消化され、腸から栄養を吸収され、老廃物は便となって排出される。しかし、この疾患に陥ると、本来取り込むべきではない毒素を取り込んでしまう。結果、クローン病、食物アレルギー、リウマチなどを引き起こすこともわかっている。

人工甘味料以外にも、『果糖ブドウ糖液糖』『果糖液糖』『異性果糖』などと表記された甘味料にも注意が必要。

🌟人工甘味料は、血糖値を上げ、腸内細菌のバランスを壊す超不自然な食材

 

プロテインの過剰摂取は腎臓を壊す~

・タンパク質は私たちの血肉を作る非常に重要な栄養素。しかし、糖質やタンパク質と違って、分解の過程で尿素窒素などの毒素を出す。腎臓のろ過機能によって尿として対外に排出され、私たちは健康を保っている。

・腎臓のろ過機能がダメになった場合→体内に毒素が回り死に至る。

タンパク質の過剰摂取は、ろ過機能が酷使され腎臓は弱ってしまう。

パウダータイプのプロテインや、アミノ酸など、人工的に作られたものは日常的に摂取(過剰摂取)していると、腎臓を壊す可能性が高い

・腎機能を示す『尿アルブミン』の数値が悪くなる方もいる。

・尿アルブミン→腎機能を示す重要な指標。しかし測定する医療機関は少ないとのこと。『血清クレアチニン値』をみるところが多い。血清クレアチニン値に異常が見られるときには、腎臓は相当ひどい状態になっている。先に、尿アルブミン値の変化をつかみ、適切な手を打つことが必須。

🌟人口物でとる量は臓器を必要以上に酷使する

 

~海藻で腸内細菌のバランスを整える~

・腸内細菌→消化、吸収や代謝において重要な役割を果たしており、肥満や糖尿病、大腸がんに関係していることがすでに分かっている。

・腸の中に生息する腸内細菌は500種類以上。重さにして1~2㎏にもなる。

・腸内細菌には、善玉と悪玉がある。悪玉の割合が増えていくことでいろんな病気が引き起こされると考えられる。

オクラホマ大学とペルーの国立保健研究所の研究者らが共同で行った調査によって、腸内細菌の環境は食べているものに左右されていることがわかった。

・腸内細菌が好んでエサにするのは水溶性の食物繊維昆布、わかめなどの海藻やコンニャクや寒天に豊富に含まれている。こうした食材を多くとることが重要。

・野菜に多い不溶性の食物繊維も必要。便の量を増やし、老廃物を排出するために重要な役割を担っている。

・男性は若いうちは便秘が少なく、腸について関心が薄い傾向にある。しかし、50歳にもなると、だんだん腸の働きが衰え、便秘外来を受信するのは女性より男性の割合が多くなるとのこと。

・今から腸内細菌を整えることが重要。

🌟食べ方で腸内環境は変わる

 

~日本人はすでに塩分摂取量が多すぎる~

・30代を越えたあたりから、特に男性に高血圧が増えてくる。

・血圧が高いと、脳卒中の危険性が高まる。慢性の胃炎によって免疫力が落ち、がんにもなりやすいと考えられている。

・高血圧は遺伝的体質にも影響するが、最大の原因は肥満体重が1キロ増えるごとに、血圧は5mmHgずつ上がっていくと言われている。

・血圧を上げないためにも、まずは糖質を控えて体重を落とすこと。その上で、塩分摂取量を減らすことが重要。

・塩分の過剰摂取→胃がんの発生率を高めることも明らか。

・日本人の1日の平均摂取量男性で11g、女性で10g

厚生労働省男性8g、女性7gまで減らすことを推奨しているが、WHOが掲げる目標値は5g。

・塩分も糖分と同じように、普段からたくさんとっていれば舌が麻痺し、『もっと濃い味』を求めるようになる

・命に直結する問題と認識して、塩分を減らしていくことが重要。

🌟高血圧は減量と減塩で対策する。

 

カリウムをとって塩分を排出する~

・血圧を下げるためには、体重を減らすこと、塩分の多い食べ物を摂取しないことが基本。

体内から塩分を排出してくれる食品を食べることも効果的。

カリウムをとることで細胞内のナトリウムを排出することができる。カリウムには利尿作用があり、むくみをとる働きもある。

カリウム野菜や果物に多く含まれる。

・甘い果物はほどほどに、野菜を多くとるのがベスト。

カリウムが多く含まれている食材→さつまいも、ほうれんそう、たけのこ、トウモロコシ、あずき、だいず、枝豆、グレープフルーツ、バナナなど

🌟豆類はとくにカリウムが豊富。糖質も少ないのでおススメ

 

 今回はここまでになります。次回も引き続き病気にならない食事術をお話ししていきます!コロナウイルスがまだまだ猛威をふるっているので手洗いを忘れずに行いましょう!本日もブログを見に来ていただきありがとうございます✨

⇩参考図書⇩

医者が教える食事術 最強の教科書 20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68 [ 牧田 善二 ]

価格:1,650円
(2020/2/26 00:17時点)
感想(98件)