健康・美容

美容・健康に関しての情報を中心にお届けさせて頂きます!読書が好きなので、今まで読んだ本をたまに紹介していきます📚

お酒は体に悪くない!!

皆さんこんにちは!本日も『24時間のパフォーマンスを最大化する食事術』をテーマにお話ししていきます。それはさっそく見ていきましょう✨

 

~小腹が空いたらナッツを食べる~

・今までのブログにもある通り、空腹でドカ食いよりも、ちょこちょこ食べる方が血糖値が上がらない。なので、夕食までのつなぎに何か食べておくと良い。

・おにぎり、サンドイッチ、スナック菓子などはどれも糖質の塊なのでなので避けるべき。

・おすすめは、『ナッツ』血糖値を上げず、ビタミン、ミネラル、タンパク質など理想の栄養分を補給することができる。

・生産地を確かめ、カビや添加物、塩分などをチェックして選ぶと良い。

・ナッツ以外には、チーズや魚の缶詰もおススメ。

・甘い飲み物、お菓子は最悪なので徹底的に避ける。

🌟空腹を我慢するより、ちょこちょこと食べた方が良い

 

~寝る4時間前までに夕食を終える~

食べ物が完全に消化、吸収を終えるまでに4時間くらいかかる。

・ご飯などの糖脂質は2時間以上、肉や魚は3時間以上の時間をかけて少しずつドロドロに消化される。さらに、小腸で吸収されるまでに4時間以上かかる。

・こうした過程を無視して、食べすぐに寝てしまうと、消化不良を起こし、翌朝胃のあたりが重いような不快症状が起きる。

睡眠中は動かないので、ブドウ糖も溜め込まれ肥満につながる

・消化の目安→ごはん2~3時間、肉(タンパク質)4~5時間、肉の脂(脂肪)→7~8時間。

🌟健康を考えたら寝る4時間前は何も食べないのが一番。

 

~夜は主食をとらずにおかず中心で~

太っている人の大半は、夜に糖質をたくさんとる生活をしている。

・夕食は極力、主食はとらないようにする。

・居酒屋であれば、焼き鳥(タレでなく塩)や刺身、冷や奴、枝豆、ナッツといったタンパク質が豊富なつまみに、ワインや焼酎を飲んでいれば良い。

・ビール、日本酒は糖質が多いので、せめて最初の1杯だけにし、まったく糖質を含まない蒸留酒や、やせることが明らかにっている辛口の白ワイン、ポリフェノールが豊富な赤ワインに切り替えると良い。

・野菜も取りたいところだが、『根菜類』はNG。

・もちろん、フレンチやイタリアン、中華でも大丈夫だが、肉、魚、葉野菜を使ったものを中心に食べる。

締めのラーメンを食べる人も多いと思うが、太る原因にもなる上、塩分が多いので血圧上昇、むくみの原因にもなる。翌朝、胃がもたれる原因にもなるので注意。

🌟糖質制限の基本は『夜抜き』

 

~塩分のとり方に意識的になる~
・お酒を飲みながらの居酒屋メニューで、唯一心配なのが塩分塩分の過剰摂取は、血圧を上げ腎臓を弱らせる。

・日本人は世界でも塩分摂取量が多い民族。その日本人の大半に満足して頂けるように、外食は総じて塩味が濃くなる。

・ついつい醤油や塩をたくさん使ってしまうという人は、舌が麻痺しているので、そこから治していく必要がある。

薄味になれてくると、舌が食材本来の味をキャッチできるようになる。

🌟薄味になれると野生の味覚が研ぎ澄まされる

 

~お酒は体に悪くない~

・人種的にみると、白人や黒人は100%、アルコールを分解するALDH(アルデヒド脱水酵素)を持っている。

・日本人は、まったくない(つまり全くお酒が飲めない)人が4%、持っているけれど少ししかない人が40%の割合で存在する。少ししかない人は、ある程度お酒を飲めるが、すぐに顔が赤くなってしまうタイプ。

欧米に比べ日本にはアルコールに弱い人が多いからか、まだまだ『お酒は飲まない方が健康に良い』という風潮がある。

・お酒を飲んだ方が血糖値が上がらず太らないというエビデンスがある。

・今までのブログの中でもお話ししたように、ワインがおススメ。ビール、日本酒、紹興酒などは糖質を多く含むので1杯程度にしておくと良い。

お酒を飲むときは、水をとれば、血中アルコール濃度が低くなる。さらにトイレが近くなり、アルコールが早く排出される。二日酔いしやすい方には、お水を飲みながらアルコールを楽しむと良い。

🌟ワインや蒸留酒は血糖値を下げる

 

~寝る前のスイーツを今すぐやめる~

・寝る前に、糖質をとりすぎると睡眠中に血圧が下がり低血糖発作を起こしてしまう。

睡眠が浅くなったり、寝付いたと思ったら、気持ちが悪くて目が覚めてしまったりする。

・質の良い眠りは、健康のためにも、仕事のパフォーマンスを上げるためにも必須。

🌟夜中の低血糖発作が不調の原因

 

~寝る前にハーブティーを飲む~

・睡眠中は想像以上に汗をかき、血液が濃くなりがちなので、就寝前にはコップ1杯の水を飲むと良い。

ハーブティーもおススメ。有名なところでは、ローズマリーカモミール、ラベンダー、ペパーミントなどは鎮静効果があり不眠にも良いと言われている。夕食後に飲むのが最適。

老化の原因であるAGEも抑えてくれる。

🌟AGEを抑え、1日の終わりに心の余裕を持つ

 

本日はここまでになります。本日で『24時間のパフォーマンスを最大化する食事術』の内容が終わりました!次回からは『見た目・気力・体力を衰えさせない!老けない食事術』についてお話していきます!お楽しみにしていてください!

⇩参考図書⇩

医者が教える食事術 最強の教科書 20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68 [ 牧田 善二 ]

価格:1,650円
(2020/3/5 18:05時点)
感想(98件)